リハビリテーション部門のご案内


<400m2超の訓練室>
雨天時でも室内での歩行訓練が可能です。

リハビリテーション部門では、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が急性期から維持期、在宅まで総合的なリハビリテーション(外来・入院)を提供しています。 整形外科・脳神経外科・内科・外科を中心とした様々な疾患に対応しています。 2014年10月より地域包括ケア病棟が開設され、地域・社会復帰に向けて、医師・看護師・医療相談員などの多職種と連携してリハビリテーションを行っています。

療法のご案内

理学療法(PT)

理学療法(PT)とは病気や怪我、または加齢による身体の機能が衰えたり損なわれた人々に対して、運動療法(筋力トレーニング・間接可動域運動・マッサージなど)、物理療法(温熱・電気・超音波など)、起き上がりや立ち上がり・歩行などの基本動作練習や指導などを行い、身体の機能を総合的に向上させ、社会復帰を支援していくリハビリテーションです。

作業療法(OT)

作業療法(OT)とは身体または精神に障害のあるもの、またはそれが予測されるものに対してその主体的な活動の獲得をはかるため、諸機能の回復・維持および開発を促す作業活動を用いて行う治療・指導・援助していくリハビリテーションです。

言語聴覚療法(ST)

言語聴覚療法(ST)とは、何らかの問題により、言語機能や聴覚機能が低下しコミュニケーションに問題が生じた者や摂食・嚥下機能に障害がある者に対し、機能の回復、能力の向上、維持を目的とし各種検査、評価、訓練、指導及び援助を行うリハビリテーションです。

お気軽にお問い合わせください。

  • 詳しく見る

    お問い合わせ

    詳細、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。